トラスティーズ【リクルート】

トラスティーズ/リクルート

  • HOME
  •  >> リクルート

普段、どのようなお仕事をされていますか?
併せて事務所の印象を教えて下さい

S.Mgr 吉永さん(男性・2014入社)

私の担当領域は、M&AのScheme、FA、Valuation等を中心としたアドバイザリー業務です。アドバイザリー業務は、会計・税務の知識に留まらず、ファイナンスや、会社法、金商法等、様々な知識や経験が求められるためフォローアップは大変ですが、やりがいのある仕事が多いです。これまでの当事務所の実績を評価して頂き、お客様から継続的に高度な案件をご依頼頂けているので、常に最新の案件に関与でき成長できていると感じています。

Mgr 千賀さん(女性・2018入社)

コンプラ業務について主にレビューアーとしての関与を中心に資産税案件、税務DDなどを担当しております。
コンプラ業務を提供する顧問先についても、税制改正への対応だけでなく、ルーティン作業ではない案件相続対策や組織再編などの業務が比較的多いところが面白いと感じております。
小さな事務所ですが、多様な案件を扱っているところと、メンバーが意識が高く皆研究熱心なので、互いに議論すると様々な気づきが得られるところが魅力です。

S.Staff 荒井さん(女性・2016入社)

主に、一般事業会社の税務申告・税務相談業務や、資産管理会社とそのオーナーの帳簿作成・税務申告業務に従事しています。
プロフェッショナルとしてそれぞれが業務にシビアに取り組む一方で、事務所の雰囲気は明るく、質問や相談をしやすい環境だと思います。

S.Staff 高倉さん(男性・2019入社)

トラスティーズに入社する前は上場会社の監査、IPO企業の監査を行っておりましたが、入社後主にValuation業務及び法人の申告業務に携わっており、今までと大きく異なる業務に従事しています。
新しい業務に限らず丁寧に教えてくださるので、初めての作業であっても不安なく行える環境となってます。
皆さんとても話しやすく、また相談しやすい事務所と思っています。

Assistant 佐野さん(女性・2018入社)

税理士アシスタントとして、主に担当先の帳簿入力を行っております。私は秘書として入社し、秘書兼総務を約1年半勤めて参りました。日々の帳簿入力に加え、給与計算や社会保険手続き等、総務の業務もさせていただいているため総務で得た知識も活かすことが出来ていると思います。
事務所の印象としては、皆優しく、初めての仕事内容でも優しく指導してくださるので安心して業務に取り組むことが出来る環境です。

各仕事の流れを教えて下さい

S.Mgr 伊藤さん(女性・2012入社)

コンプライアンス業務においては、プリペアラ―が作成したものを、必ずレビュアー、パートナーの順にレビューを行っております。プリペアラ―の経験やスキルによっては、レビュアーがクライアント対応、論点整理、作業方針の検討などを適宜サポートしつつ、徐々にプリペアラ―に任せてプリペアラ―の成長を図っています。間違えやすい点や改正点などは、適宜情報共有したり、間違えない仕組み(チェックリストに追加するなど)を設けています。

アドバイザリー業務でも、基本的にチームを組んで取り組みますので、未経験者でも意欲と学びたいという姿勢があれば、マネージャーのアドバイスを受けながら成長できる環境になっています。

私自身、30歳を過ぎて、税理士業界未経験での入社でしたが、たくさんの経験をさせて頂き、教えて頂き、今はシニアマネージャーとして業務に従事させて頂いております。

Mgr 千賀さん(女性・2018入社)

コンプラ業務:プリペアラーがBook、申告書を作成し、レビューアーが確認、パートナーの承認を得て完了します。
WPの作成ルールや法人税・消費税申告に関するチェックリストが整備され、申告作業のノウハウが共有されており、経験の浅い作業者でも短期間にこれらを習得できることと思います。作業前もその途中でも適時に、チームで必要となる検討や議論しながら進めております。

資産税案件:チームで論点を共有し提案内容を検討しながら進めます。クライアントのニーズを捉え的確なものとなるように、チームで相互に確認しながら、より良いものを生み出すように努力しています。

Mgr 井上さん(男性・2017入社)

コンプライアンス業務に関しては、月次レビューから始まり決算対策、申告業務までの一連の流れは基本的に通常の会計事務所の業務と変わりはありませんので、今までの業務経験をそのまま活かせると思います。
アドバイザリー業務は案件によって業務内容は変わりますが、現状分析や課題の抽出、それに対するスキームの構築、実行までのスケジューリングなど多岐に渡ります。業務は各分野のエキスパートが中心となり担っていくため、そこでのノウハウや難題への解決方法など様々な経験をすることができます。

このページのトップへ